癒しの銀山温泉『古勢起屋別館』大正ロマンの雰囲気漂うお宿を紹介します

銀山温泉 古勢起屋別館

1泊2日で銀山温泉にある古勢起屋別館に宿泊してきたyuma(@minariyuma)です。
木造建築の4階建てのお宿。
実際に泊まってみて分かったことをご紹介していきます。

部屋は和室が二間・サンルーム付きで広い

私が泊まったのは2階の和室。
トイレ・お風呂は付いていない、お部屋のみです。
(和室+和室、和室+洋室が選べます)
和室は二間でかなり広い!
一間にテーブル、もう一間にお布団敷くっていう仕様。
荷物を置いても全然邪魔にならないくらいの広さです。

古勢起屋別館 部屋
古勢起屋別館 部屋
古勢起屋別館
サンルーム

ごはんが豪華!山形牛が出てくるよ

古勢屋別館 夕飯

チェックインするなり、夕飯の際に飲むお酒を聞かれます(ちょっと断り切れない雰囲気でした)。
折角なのでお酒を頂きつつ、夕飯に。
食前酒がすごく可愛い!ハート形のグラスに入ったしそ酒。
標準のごはんでも山形牛が出てきます。
何やら別料金でのメニューもありましたが、かなり量があるので女性なら標準のコースでも十分かなと思います。

しそ酒

お風呂は2種類!時間によって男女が入れ替わります

大浴場が2つあるんですが、時間によって男女が入れ替わります。
私が入浴したのは「ほっこりのちか湯」という方。
※古勢起屋別館ホームページで写真を見るならこちら
洗い場は3つと少ないですが、お湯は広い!
置いてあるシャンプー・リンス・ボディソープはマシェリでした。

浴場のドライヤーは1つのみ!部屋に備え付きのものは、壁に付いてる風力が弱い古いタイプ

ほっこりのちか湯の方の脱衣所にあるドライヤーは1つのみです。
イオニティで悪いわけではないんですが、2人以上で入ると順番待ちになります。
またお部屋にもドライヤーはあるんですが、壁に予めついてる古いタイプ。風力が…弱い…!!!
ちょっと重いけれどドライヤーは自分で持って行くのをおすすめします。

ヘアドライヤー マイナスイオン乾燥機 ドライヤー 大風量 4つムード可調整 軽量 折りたたみ式 旅行用/家庭用/業務用ヘアケアツール【PSE認証】

新品価格
¥3,280から
(2019/10/15 02:27時点)

朝ごはん後にコーヒー無料!レトロなカフェ・スワローネでモーニングコーヒーを

スワローネ
スワローネ 時計

すごく雰囲気がレトロなカフェでモーニングコーヒーが無料で頂けます。
セルフで入れるタイプなので、何杯でもOK。
チェックアウトまでゆっくり待つのも素敵な時間です。
飲み終わったらセルフでお片付けが必須です。

トイレは部屋別だけれどかなり綺麗

お部屋にトイレは付いていないんですが、共用トイレはかなり綺麗です。
数も5つくらい個室があるので待つことはほとんどないです。(2階の情報)

事前予約で行きも帰りも送迎バスあり!車内に流れるアコーディオンで奏でるクラシックがレトロ

宿泊予約時に大石田駅からの送迎を一緒に予約できます。
銀山荘に宿泊される方との同乗でお迎えに来てくれたり送ってくれるので、電車で訪れる方は楽です。
ただし時間が決まっているので、帰る前にまだ温泉街を堪能したい場合は路線バスで帰ることも可能です。
車内に流れる音楽が、アコーディオン調のクラシックですごくレトロ…。
文明開化の音がした(笑)
運転手さんがプチ観光情報を話してくれたりします。

まとめ

チェックイン当日、入り口に名前を手書きで書いてくれて持て成してくれます。
最近あまり見なくなったなーっていう仕様で嬉しい。
またお部屋がレトロで広くてすごくゆったり出来るのも嬉しい!
お風呂・トイレが部屋別ですが特に問題はなかったです。
木造建築で古い建物かと思いきや、トイレもお風呂もすごく綺麗だし、エレベーターも付いてるし快適です。
ただ温泉街にコンビニやちょっとしたものを買える場所が無いので、生理用品とかバンドエイドとか衛生用品系は持参推奨です。
上記で述べたドライヤーも風力が気になる方は持って行くことをおすすめします。
全体的にとてもゆっくりした時間が流れてるなーと感じるお宿。
日常の疲れを癒すにはもってこいの旅館でした。

銀山温泉全体のレポートはこちら

アクセス

住所: 〒999-4333 山形県尾花沢市銀山温泉417
電話: (0237) 28-2322 (銀山荘)